振袖を着るときのメイクは普段と違う?

振袖は第一礼装

振袖は第一礼装

振袖は未婚女性の第一礼装です。
成人式や卒業式、結婚披露宴やパーティーなど晴れやかな場にふさわしい着物です。
振袖の長い袖には厄を払うという意味があり儀式的な意味合いもあり人生の節目に着るようになりました。
原型は飛鳥時代にありましたが現代の形になったのは江戸時代です。
名前の由来は長い袖を振る事にあります。
神を呼び寄せたり厄を払う事を魂振りといい神に仕える女性が魂振りをしていました。
魂振りは次第に神に対してだけでなく人に対しても行われるようになりました。
意中の人を振り向かせる時、心を通わせる時や祈願をする時などに袖を振るようになりました。
袖を振る事で厄払いや祈願を意味するようになり良縁を願う若い女性が振袖を着るようになりました。
結婚後は袖を振る必要がなくなるので袖を短くして着用するようになりました。
振袖の特徴は袖丈が長い事です。
袂の長さにより3種類に分類されています。
最も短い袖丈は85センチで一番長い袖丈は114㎝の長さがあります。
一番格が高く花嫁のお色直しなどにも使われます。
成人式や卒業式などに着る着物は袖丈が100㎝位で中振袖と呼ばれています。
金箔や繊細な刺繍が施され豪華なデザインの着物です。

振袖にネイルをしてもいい?

伝統的には、和装の場合はピアス、イヤリングや指輪、ネイルなどは控えた方がよいとされてきました。
着付けの本などにも、そのように書かれていることが多いです。
では、振袖を着た若い女性の場合も、控えた方がよいのでしょうか。
もちろん、若々しくみずみずしい肌や爪は何にも代えがたい宝物で、それ自体が美しいです。
しかし、晴れ着という正装をして出かけるのですから、いつも以上に装いに工夫をこらしたいというのが、若い女性の心ではないでしょうか。
ふだんは、さまざまなネイルを楽しんでいるのに、人生のイベントにそのままの爪で出かけたくないという気持ちもわかります。
今回は振袖に合うネイルについてご紹介していきます。
さて、ネイルですが、さまざまなものがありますね。
保守的に清楚にしたいなら、カラーはピンクやベージュ系にして長さもあまり長くない方がよいでしょう。
もう少し、冒険したいときは、帯の色を意識するとよいでしょう。
特に帯と帯締めを反対色でコーディネートしたならば、その帯締めの色をもってくると、華やかな中に落ち着きも感じられて、ご両親の世代にも好感をもってもらえます。
気を付けていただきたいのは、ストーンやラメが入ったものです。
繊細な振袖に石が引っかかることや、ラメが着物の表面についてしまうからです。
そういったことに気を付けて楽しんでください。

振袖関連おすすめサイト

成人式の振袖・振袖レンタル・袴レンタルなら

神戸の振袖レンタル